その業者と言うものが何なのか、それから教えてもらう必要がありました。
自分は普通の素人の女性だと思っていたし、たった30分の関係でも挿入することができるから満足していたのです。
「業者の派遣した女だから、皆んなマグロじゃなかったか?」
「た、確かに…反応がなかったけど、それって初対面だからじゃないの?」
「たまに日本人じゃない女もいたろ」
「うん…」
「場所指定は当たり前で」
「そ、そう…」
自分が経験してきたことを全て言い当ててくるので焦りを感じるようになってしまいました。
何で彼はこんなに詳しいのか?なぜ自分がやってきたことがよくわかっているのか?本当に不思議でしかたがありません。
「そういうのは皆んな業者が派遣している女なんだよな」
「マジな話?」
「俺も昔はそれに引っかかっちゃってさ、つまらないセックスをやってたんだけどね。
今はちゃんとした素人と知り合って、2時間もたっぷりとラブラブな雰囲気で一発決めてるぜ」
「えっ、セフレ関係で2時間も楽しめるの?」
「相手が本物の素人だったら、それも可能になってくるわけだよ。

絶対に業者なんかに手を出しちゃダメさ」
自分が相手にしていたのは素人ではなく、業者の派遣した女性であるというのは大きなショックになっていきました。
さらに同僚は素人の女性との割り切りで長い時間をかけてセックスを楽しめていると言うのですから、落ち込みの度合いも高いものになっていきました。
「まぁ初心者にはよくある失敗だから、気にする必要なんかねぇよ(笑)」
「素人の女とどうやって知り合うことできるの?」
一番知りたい部分はここ、同僚はどうやって素人と知り合って長時間楽しんでいるのか、これを聞かなければ気がすみませんでした。
そして同僚の口から飛び出してきたのは、出会い系サイトのPCMAXという名前でした。