インターネットを活用していく事で見知らぬ女性と早めに待ち合わせをすることができるようになる、これが分かってからと言うもの気分がとっても楽になってきました。
性処理で悩む必要がなくなり、ムラムラした気分になったらすぐに掲示板を使って相手にメールを出せばいいだけなのです。
セフレの探し方が分かってからは、心にもゆとりを持つことができるようになっていきました。
セックスがしたいなと思ったら、掲示板に書き込みをして小遣いの欲しい女性とやりとりをするだけで、そのまま待ち合わせが決定するのです。
最初に割り切りでセフレと会ってからというもの、これが止められない状態になってしまっていました。
ホテル代は別で2万円の支払いをすることで、見知らぬ素人女性のオマンコの穴に挿入することができます。
その場限りの関係だからか、やはり心を許してくれないようで相手の態度は決して良いとはいえないのですが、それでも肉穴に突っ込むことができてしまうのです。
毎回30分程度の関係を楽しんで、性処理をするようになってからは随分と御機嫌になってきました。
最近表情がにこやかになったせいか、同僚から冷やかされてしまうくらいです。
仲良くしている同僚と飲みに出かけた時も、この話題を振られてしまいました。
「最近やたらとにこやかだけど、彼女でもできたのか?」
冷やかすような口調で言ってくる同僚、あの話をしてもいいかもしれないなと思いました。
「いや、彼女はまだできないんだけどね、セフレは作れるようになったんだよね!」
「それは大した進歩じゃないか!
やりまくって楽しんでるな(笑)」
「やりたい時は2万円出して射精しているよ」

何となくこのような関係を作っている事に対して、自慢したい気持ちになっていました。
同僚も独身だから、羨ましい気持ちにしてやろうかなどという意地悪な考えが持ち上がってしまったのです。
「掲示板を利用したらさは、簡単に一発決める相手を見つけられるから便利だね」
「掲示板?」
彼は随分と怪訝な顔してこちらを見てきました。